CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
NINJA TOOLS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ごめんまた絵チャログ | main | うまー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.12.16 Cocco きらきらLiveTour in米子レポ
こっこ
(クリックで拡大)


「何故今さら去年末のライブレポを!!!」
とお思いかも知れませんが、
本当はもっと早く書きたかったんだよちくしょう!
(なんと絵と文章にそれぞれ3〜4日かけましたアハハ!)

ということで去る昨年12月16日、
(むしろ去りすぎてる)
米子市公会堂(鳥取)で行われた
こっこライブレポを今更ながらお送りいたします!

ここ、ラルクブログだけどね! 一応!
前から来て下さってる方は私がこっこを愛し過ぎなことを
既にご存知だと思うので、大目に見て下さい。

しかもいつもならイラスト付きでライブレポを描くトモエさんですが、
こっこの可愛さが私のイラストではどう考えても再現できないので、
今回は文字のみレポで行こうと思います!

更にいつもラルクライブレポを読んでいる方は
ご存知と思いますが、
トモエさんのレポは己の主観のみで書かせて頂きますので
セトリもMCも何もかもが曖昧です(^▽^)
それでもよろしければどうぞ!


……ツアー自体は今年の1月10日で終わってるから、
別に改行処理とかしなくていいよなあ……?
ライブDVDネタバレとか気にすんの?


よく分かりませんが、
ムダに文章を打って改行処理と見せかけて、
さくさくっとライブレポに行きたいと思います。

●18:00開演
この日は仕事を休んで参戦予定でしたが、諸処の都合で休日返上になり、
定時は18時半なのに早上がりして米子へ車をぶっ飛ばして、
開演ギリギリに着きました。
会場に入った途端に照明が落ちてあせった^q^

ということで1曲目は「甘い香り」。

薄紫?のひらひらしたドレス(アジアンっぽいやつ)を着て
なんかものすごいでっかい謎の物体(飾り)を頭の上に掲げ、
こっこ入場。
あれは結局なんだったんだろう……花だったのかな?

確か1曲目の後に一度MC。

「みなさんはじめましてございます、
きょうは遠路はるばるようこそ!」

遠路はるばる来たのは自分の方だろ!
と、観客の70%くらいは、心の中でつっこんだに違いない(笑)

イラストでも文字でもまったく再現できないけど、
こっこのMCは本当にかわいいんだ! 敬語ヘンだし!(笑)

確か1曲目か2曲目の後だったと思うんですが、
1階席に遅れて入ったお客さんがおられて、
こっこがずっと
「ちょっとまってね、今お客さんはいってきたから」
「席ないのー? だいじょうぶー?」
って気にしてて、どえらい か わ い か っ た です。

「(席)あったー?」
「じゃー、つぎいってみよー!」
いかりや!(笑)

という訳で、曲順を何と3曲目までくらいしか覚えておらず(笑)、
曲目も覚えてないんですがとりあえず「これは唄った!」ってやつだけ
感想を並べて行きます。


●燦(サン)
今回のツアータイトルアルバム、「きらきら」の1曲目。
確かこっちを「甘い香り」の後に唄ったはず……
「きらきら」の曲は基本的にアレンジなしで唄ってた気がします。

「いつか 会いに来てよ」の時のこっこの声が好き。
これ聴いてると沖縄に行きたくなる。いつか行きたいなあ。

●樹海の糸
3曲目なのに泣いた(笑)。
私は基本的にライブで泣くとしても中盤以降で泣く人なので、
あまりの早さにびっくりした。

しかもこの歌、特別思い出エピソードとかないのに!(笑)

「わたしさえいなければ その夢を守れるわ」と
「あなたさえいなければ この夢を守れるわ」で
なんかグッと来た気がする。

「永遠を願うなら 一度だけ抱きしめて
 その手から 離せばいい」も何かグッと来たな。

永遠を願う人はいつも、ずっと側に置いておきたいと思うのにね。
でも本当に永遠にする方法は、きっと離すことなんでしょう。

●羽根 〜lay down my arms〜
これ初めて聴いた時って多分高校生くらいな気がするんだけど、
当時は「こっこはもう落ち着いてしまったんだなあ」って
印象だった気がする。

今聴くと深いよね!!!!
「あなたを撃ち落とした
 わたしの青い武器は
 錆びてしまった」
って唄い出された瞬間、すごい心に沁みたよ!!

「ああ 想い出だけで 繋がるしかなくて」とか
「季節を丁寧に ああ 撫でていられない」とか
なんか全体的にオトナな歌詞だよなあ、と思う。

最後の「どこへ行こう?」が好きです。
曲調も落ち着く。

●In the Garden
これも「きらきら」収録曲。
こっこの歌にコーラス入るのって珍しいなあ、と思った曲。
というか、初めてじゃなかろうか?

私このコーラスってオサディー(G.長田進)がやってると
思ってたんだけど、ライブで見てたら
ベースの高桑さんがやってたような……?

コーラスの男性の声がすごい“良い声”なんですよね。
というか私の好みってだけなんですけど。

こっこの歌声に溶け込むようにコーラス出来るのってすげえなあ。
それか、こっこの歌声がコーラス入っても大丈夫なくらい
やわらかくなったのか。

「きらきら」というアルバムはとにかく色々な所で
“変化”を感じるので、好きです。
前のアルバムも勿論好きなんだけどね。

●An apple day
確かこの曲に入る前だったと思うんだけど、
こっこが「まあまあ皆さん、すわってすわって〜」って
ゆってた気がする。かっわゆす!

それにしても私、ライブで目の前の歌手に
「まあまあ座って」って言われたの初めてだったぞ^q^

更に確かこの曲の時だったと思うんだけど、
曲が始まる前にこっこがギターを抱え出して、
場内が騒然としたのね(笑)
(こっこ=ギター弾けないってイメージだから?)

んで本人も、ギターとにらめっこしながら
「あっちゃんは今から、たいへんなことをしようとしています…」
ってゆってて、可愛かった(笑)

(※こっこは自分のことを「あっちゃん」と呼びます。
  たまに「こ」とか言う時もあるけど。)

弾き始める前に、

「…だいじょうぶ、ぜんぜん、大したことじゃない…」

って自分に言い聞かせてて、また可愛かった(笑)
ああなんだもうこの人! かわいいなあ!

●強く儚い者たち
ものっすげえアレンジしてあって、
前奏だけでは何の歌かさっぱりわからんちんでした!

確かこの曲の時もまだ座ってたと思うけど、
仕事終わった直後に車飛ばして米子まで来たのと
曲調が余りにも心地よかったので

うっかり眠りそうになりました^q^

ライブで寝るとかホントありえないんだけど!!!
でもたまにこっこの穏やかな歌声は
本気で子守唄っぽく聞こえる時がある。

「クムイウタ」ってアルバムもあるしね。
(沖縄弁で「子守唄」のことだそうですよ)

●Raining
●けもの道
●雲路の果て
ちょっとまとめさせてもらいます^q^
私、アルバムタイトルツアーって
アルバムの曲を全部歌うのが当たり前だと思ってたんだけど、
こっこはシングル曲とかベストCDからの選曲が多くて、
ニューアルバムの中でも「結局歌わなかった曲」てのが
いくつかありました。
(私「Baby,after you 」と「小さな町」が超好きなんだけど
 唄ってくれなかった……)

初の鳥取公演だったらしいから、
ライトファンのことを考えての選曲なのかなあ……
私たぶん結構なヘビーファンなので、
ちょっとさみしかったんだぜ。

この3曲は3曲で良かったですよ!
「雲路の果て」がやっぱり好きだなあ。

「この目さえ光を知らなければ 見なくていいものがあったよ
 からだがあなたを知らなければ 引きずる想い出もなかった」

こっこはエロ歌詞をわりとさっぱり唄うよね。
「からだがあなたを知らなければ」ってエロいと思うんですけど。
そしてせつない。

●Way Out
「え、今のこっこがこの曲唄うの!?」って
びっくりした曲。

だって唄い出しがいきなり
「わたしのこの目をあげましょう。」だよ!!
途中で「ぁあああああっ!」ってシャウトすんだよ!!

初期はよくシャウトしてたなあ、こっこ……(遠い目)

昔のこっこの曲は、本人も言ってたほど
「世の中を呪って作った」曲が多いのですが、
一番新しいアルバム「きらきら」では
当時の香りはほとんど残っておらず、
おまけに8歳の長男まで楽曲に参加するぐらいの
幸せオーラ満開っぷりなので、
そんな今のこっこが初期曲を唄うことに
とても不思議な感覚を覚えたのでした。

「あ、今でも唄えるんだ……」みたいな。
何だろう、今はもう「自分の気持ち」というより
「ひとつの楽曲」として唄えるのだろうか?
それにしては迫力出して唄えるなあ、と思いました。

●晴れすぎた空
これ唄うんだあああああ! と感動した曲。
ベストアルバムにも入ってるんだけど、元々はc/w曲なんだよね。
(今調べたら「強く儚い者たち」のc/wでした)

もうこれはやべえよ。
初めて聴いたの高校生ん時だったか20歳前後だった気がするけど、
これ聴きながら号泣してたもん。

その当時泣きすぎて、今はさっぱり泣けませんけど^q^
でもやっぱり、ライブで聴いた時すごくゾクゾクしました。

「くちびるのその奥も愛したのに」のところで
何か凄くキュンとなった。なんかいろいろ思い出した(笑)


「時に紛れ 消えてく出来事にしたくはなかった」

「わたしを抱いた あなたの腕は
 今頃 誰を愛しているの?」

もうこの歌詞がやばい。やばいせつない。

「これ以上などありえないなら
 この手であの日 殺めたかった。」

こっこの初期曲はよく「殺」って単語が出てくるんだけど(笑)
「カウントダウン」とから辺の初期曲はホントに
凄い真顔で「ぶっ殺してあげる」って言ってる感じなのに、
この歌の「殺す」はすごい優しく言ってる感じがするんだよね。

やさしくというより、あきらめてる?
殺したいけどもう目の前にいないからなのか、
たとえ目の前にいたとしてもやっぱり殺せないからなのか。
この感覚は、言葉では書けんな(笑)

●遺書。
これも「まさかの遺書おおおおおおおお!」って感じだった。
ベストに入ってるからだと思いますけど(笑)
つーかこれ「カウントダウン」のc/wなんだね!(今知った)
そしてWay Outもなんだ……なんて強烈なシングルなんだ(笑)

何と言うかこっこの曲はいつも唄い出しで衝撃だよね。
タイトルも衝撃的だけど(笑)だって「遺書。」って!

「私が前触れもなく ある日突然死んでしまったなら
 あなたは悲しみに暮れては 毎晩 泣くでしょう。」

高校の時にこれをカラオケで歌ったら、
「すごい自信過剰な歌だね!」っていわれたですよ。
うっせえ^q^

サビの声がすごい綺麗で好きー。
「自分がもしも死んだら」とか昔よく思ってたなあ。
何か色々懐かしくなる歌だよ。

「いつか誰かまた求めるはず。
 愛されるはず。
 そうなったら幸せでいて。
 だけど、私の誕生日だけは
 独り、あの丘で泣いて。」

例えば「ずっと好きだ」と言ってくれる人でも、
自分が死んだらその人は絶対にまた他の人を好きになるんだよね。
つうか生きてても「心変わり」とかあるしね。
でもそれは当たり前のことだからいいと思うのです私も。

たまに少し思い出してもらえればね。

●Tokyo Happy Girl
これも「きらきら」収録。
なんかジャズっぽくて好き。

こっこって昔「東京なんか嫌い」とか言ってた気がするんだけど、
そんなこっこが「トーキョー“ハッピー”ガール」か〜と思った1曲。

ていうかこっこが歌の中で
臆面もなく「私、幸せ!」って叫んでるのって
このアルバムが初めてなんじゃないだろうか。

●ハレヒレホ
「きらきら」収録。もーバカみたいに明るい曲だよなあ(笑)
これがうわさのこっこ長男参加曲です。ライブには勿論いなかったけど!

ライブ中、こっこがカスタネット叩きながら唄ったり
途中でリコーダー吹いたりしてたんだけども、
カスタネットは確かこの歌じゃなかったかな……?
(リコーダーは「お菓子と娘」でやってたんかなあ?)

「そうだよ 君は太陽さ」とか
「そうだよ 君が大好きさ」とか超かわいい。

●タイムボッカーン!
「ハレヒレホ」に続いてラブリー曲(笑)。これも「きらきら」収録。

「おでかけ るんるん 大好き」とかかわいい!
さっきまで「殺めたかった」とか唄ってたくせに!(笑)

この曲はおそらく今までのこっこツアー初の
“同じ振り付けをみんなで踊る”っていうのがありました!!!!

曲が始まる前にこっこが、
「表(ツアーグッズ販売)で売ってたタオルあるでしょー?
あれをこう持って、こーやって、まわしてね!」
みたいなことを言ってたんですが、
トモエさん開場ギリギリに来たから買ってねえ^q^

どんな振付けかを文字で説明するのは難しいので
絵を描きます。↓
レポ絵

遠目だったけど、超笑顔で超かわいかった。

しかし何か昔のイメージのこっこが好きな人にとっては、
この“同じ振付けをみんなで踊る”というのは
何かなじめてない感じがしたなあ。

確かに私もこっこ以外のアーティストで
「昔の方が好きだったなあ」っていう人たちはいますけど、
なんかそれって悲しいというか寂しいことだな、と思います。
(ごめん、物凄い個人的な意見だよ)

ほんとうにすきなら、一緒に変わっていきたいなと思うよ、私は。
アーティストなんてみんな遠い存在だけど、
一緒に成長していきたい。私は。

「タイムマシーンに乗って 花咲く頃に」

たまにね、そう思うこともあるんだけど(笑)
でもせっかくここまで歩いてきたんだから、
もう戻りたくはないなあ。

「どこに在るの そんなマシーン
 乙女チックな馬鹿女郎」

こういうこと言えるこっこが好き(笑)
てゆうか、こういう歌詞って自分に言ってるようにも聞こえる。

●ジュゴンの見える丘
これを初めて聞いたのがこっこ公式サイトのスペシャル映像で、
それがライブ映像だったので、その後CDシングル化しても
「絶対ライブで聴きたい!!」と思ってました。

あーなんてやさしい歌なんだろ。
前のブログの時にも語ったんですけど、
「殺してあげる」とか唄ってた人が
「あなたに降り注ぐすべてが 正しいやさしいになれ」
とか言ってるんだよ!!!!!!!!!!!!
歌詞そのものって言うより、こっこの心の変わり方に泣いた。

あと、シングルVer.では、
この歌詞のあとに沖縄民謡っぽいもの(?)を唄うんですけど、
ライブでもばっちり唄ってくれて、
しかも物凄い迫力で、なんかゾクゾクしました。

昔、「こっこはイタコの素質がある」みたいな噂を聞いてて、
「へー、まあ、沖縄の人だもんねえ」と軽く流してたんだけど、
この瞬間、本当にそうかもしれないと思った。
何かが降臨しているような迫力でした。いや、ホント。

●チョッチョイ子守唄
「きらきら」収録。これは(アルバムの中にも書いてあるんだけど)
こっこが小さいころお母さんに唄ってもらってた子守唄なんだそうで、
アルバムでは大部分を省略されて収録されてるそうなんですが、
多分、ライブでは全歌詞うたってた。

何だろう、私、
「こっこが沖縄人って分かってるけど、よく分からない」というか
「そもそも沖縄人がどういう人なのかよく分からない」
って感じだったんですけど、
この歌を聴いて、
「ああ、沖縄の人だ」
とものすごく実感しました。そんな気分になりました。

おそらく歌詞が全編にわたって沖縄弁で、
正直、ぱっと唄われただけでは何を言ってるのかまったく分からんのだけど、
なんだかなつかしいような、
「ああ、これがこっこの母国語か」みたいな気分に。
母国語って、沖縄も日本だけど(笑)

しかもこっこって、きっと何を唄っても
(たとえばカラオケとかで他の誰かの曲を歌っても)
“いつもこっこっぽく唄えるんだろうな”と思ってたんだけど、
この歌を唄ってる時は、なんか別の人みたいでした。
沖縄の、誰か。そんなかんじ。

沖縄を愛しすぎて、長いあいだ沖縄に戻ることも
ライブで立ち寄ることすらも出来なかったこっこが、
こんなふうに沖縄の歌をうたったり、
沖縄でライブを出来るようになったりしたってことが
何だか私はすごくじーんと来るのです。

創作物を鑑賞するにあたって、
「作っている人の人柄は関係ない」とよく言われるけど、
私は、やっぱり人柄が好きになれないと
その人が作っているものもあまり好きにはなれません。

そしてわたし自身もそうでありたいなと思います。

●Never ending journey
「きらきら」の一番最後に収録されている曲。
この歌いいよなあ。やべえよ。
タイトルだけ見ると「よくある歌」に見えるんだけど、歌詞がやばい。

「このまま どこへ行こう
 あれから何があって
 私はまだこんな空に
 見えない星を探してる」

もうまさに今の私にぴったりだよどうしようこれ。
ホント、自分がどこに行こうとしてるのか分からないの!!!
「あれ」からもう2年も経って、色々なこともあって、
色々なことを諦めようとしているんだけど、
それでも見えない星を探してしまうんです!!!

「途切れた歌の続き
 つないで その手と手」

「新しい歌の続き
 終わらない旅を行くよ」

活動休止して、復活して、
長いこと見守ってくれたネギ(根岸)さんと離れて、
あたらしいCoccoを唄うために、
次はオサディー(長田)さんの元へ降り立った、こっこ。

そうそう、前は作詞/作曲のクレジットが
「こっこ」表記だったのに、今「Cocco」になってるんだよな。
特に深い意味はないかもしれないけど、
なんだか「成長」を感じたことでした。
というか、マニアックですいません!!!!!(笑)

彼女が唄うたくさんの歌は、
いつも私の人生のそこかしこにリンクしていて、
しかもちょうどこっこが「幸せ」に唄い始めた時に
私も色々と考えが変わって「幸せ」を感じるようになったので、
どう考えても私が一方的に彼女に同調してるんだけど、
それでも私は、何だか一緒に成長できているような
気分になれて嬉しいのです。

あー、こっこのかわいいMCとかいっぱいレポする予定だったのに、
曲紹介だけで終わってしまったよ(^q^)
なんていうか、私はもっとこっこを色んな人に聴いて頂きたいんです!!
初めから興味ない方には無理に聴いて頂かなくていいんですけど、
「なんか気になるな」って方達が、これを機に聴いてくれるとうれしいです。

まあ、こんなもん“機”にしなくても、
必要であれば自然に手に取る機会が訪れるとは思うんだけどね。
今まで私がそうだったから。

ではでは、こんな自己中心的なレポを
ここまで読んで下さった方、有り難うございました!!!
| Cocco | 14:09 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:09 | - | - | pookmark |
コメント
トモエさん、はじめまして。
今までずっとのぞいてたんですが、大好きなCoccoライブレポにとうとうコメントしてしまいました☆
かなりCocco好きなのに、受験直前なんだよなぁ、どうしよっかなぁと思っているうちにチケット売切れてしまったので、かなりうらやましいです!!
昔の曲もいっぱい歌ってたんですね。やっぱ行けばよかった…。樹海の糸は自分も絶対泣くと思います!!CD聞いてるだけで鳥肌立つほど好きなんですv
トモエさんのレポ見てせめてDVD買おうと思いました。ありがとうございます!!
はじめましてなのに、長文失礼しました。
| まかろに | 2008/05/20 7:42 PM |
雲路の果て…聞きたかった…´`
| chiro | 2008/05/21 1:37 AM |
>まかろにさん
はじめまして、コメントありがとうございます(^^)
Coccoがコメントのきっかけになるとか嬉しいです!
書いてよかった。

そうそう、悩んでる間に売り切れるんですよねーチケットって。
でも私も高校時代こっこのライブ行けなくてすごい悔やみましたけど、
ちゃんと後で2回もこっこライブに行けたので、
自分に必要な音楽は絶対にいつか出会えるのだと思います。
今のこっこはちゃんと「次」を感じられるから、
また私たちの前に現れてくれるんじゃないでしょうか。
次は行けるといいですね!!

そして私は自分が行ったライブのDVDが買えない病なので(何)
DVDが買えるというのも逆にうらやましいです(^q^)
買えばいいのになーなんだろこの病気。

長文大歓迎です!


>ちろたぬ
雲路の果ても好きなんだ!! いいよねー雲路の果て!
ベストも買うか借りるかするといいよ!
ていうか最近の曲もおすすめだよ!(個人的に好きなだけだけど)
| トモエ | 2008/05/24 10:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ii28.jugem.jp/trackback/183
トラックバック