CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
NINJA TOOLS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< この度は突然の事で | main | くそー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
どうも! 無駄話です
ぼやき
(クリックで拡大)

どうも、こんなんばっかりですみません。
またdrawrで描きました。

携帯からご覧の方はおそらく判読できないと思いますが、
横っちょに最近のぼやきを書いております。

 

どんな事を書いてるかと言ったら、

・ぷるっぷるの唇が描きたい
・私の絵は人気の出ない絵柄だなあ

まあ、こんな所でございます。

こんなこと言うと「私は好きです!」と言って下さる方に
怒られそうな気がしますが、
だがしかし最近いろんなところでいろんな人の絵を見るたびに
「私はなんて人気の出ない絵なんだ…」
と思うんですよねー。

じゃあどんな絵が「人気の出る絵」だっていうんですか!
って聞かれると、そんなことは一概に言えないんですけど。笑

ただ、「自分は人気の出るタイプの絵じゃないな」ってのは理解できる。


しかしそんなこと言ってると
「じゃあ自分は人気者になりたいのか?」と思うけど、
はっきり言って、私は人気者になりたいんだと思う。
もうわたしはかっこつけんぞ!
わたしは人気者になりたい。
じゃあ人気を出すためにあざといものを描きますか、って言われたら
それは嫌なわけで。

っていうか私が「あざとい」と思うものでも、
それを「あざとい」と思わずに描ける人もいるわけだ。
「ただ好き」という無邪気な気持ちで。
それが非常にうらやましい。

意味が分からない方のために、
わかりやすいたとえ話をしようと思います。

たとえば私が、男性の目が沢山ある所で「パンチラ絵」を描くとする。
でも私はそれを自分で「あざとい…」としか思えんわけだ。
が、パンチラが本気で好きで、本気で描ける人も居るわけである。
ああ、うらやましい。
その純粋さが欲しい。
いや、パンチラ好きになりたい、とかじゃなくて。


まあ、こういうくだらない事を日々真剣に考えていますよ、
ということをお伝えしたかった。お伝えしたかったのです。
お伝えしたかったか?


何かまた段々「絵が好き」って気持ちから
心が離れてる気がするなー。
「人気者になりたい」なんて考えてる時は大体そうなんだ。

「わたしったら絵がホントに好きなのね! うふふ!」
みたいな気持ちの時は、そんなことは絶対に考えない。
ああ、「あざとい」。あざといぞ私。
しかし「あざとい」からこそ人間、という気もしないでもないっていうか
何を言ってるんだ私は。


あ、一昨日の記事に拍手たくさんありがとうございます\(^O^)/
flowerの更新時くらい拍手頂いてたので、べっくらしました。
そのくらいあの韓流スターを好きな方が多かったという事か…?
え、私「別にファンじゃないけど」とか言ってたけど、いいんだろうか。


コメント下さった方もありがとうございました\(^O^)/
そういや私、「輪廻転生」は(あるとしたら)別に怖くないんだよなー、と
いうことを思い出した。
別の人間になって、0からやり直すのは嫌でもないし怖くもないんです。
そこに幸福と不幸があっても。

だって(仮に生まれ変わるという事があるとしたら)その時は、
「人生には、幸せとそれより多いくらいの不幸が待っている」
っていう今の考えは、忘れてるわけでしょ?
「あたし(僕でも俺でもいいけど)はぜったい幸せになってやる!」
って思って生きてるわけでしょ?
それなら何遍、人生が続いたっていいです。
でも私の事なので、きっと何回生まれ変わっても20代くらいで
「あー、人生ってこんなもんだな」
とか言いそうだな。
なんということでしょう…
もういっそ人間外に生まれ変わるしかない。
いや、でもやっぱ人間がいいな…。


そういえば私も
「絵が大好きって事が分かってよかった!生きてて良かった!」
とか言ってたはずなのに、(言ってたっけ?)
一体いつから
「絵も中途半端でいい、とにかく早く寿命よ来い」
って思い始めたんでしょうか。
何? 梅雨のせい? 一過性?


ああ、くだらねえーなあ。
でも、くだらない事を一生懸命考えたりやったりしてる人が好きなので、
私はこういうくだらない事を一生懸命考えている自分は
決して嫌いじゃない。


最近、じっくり絵を描く気力が湧かなくて困っています。
「こんな事してる場合かー! ガシャーン!!」てなる。

ふとももの隙間とか真剣に描いてみたいんだけどなあ。
これは“あざとい”ではない。至って真剣である。
魅力的な「ふとももの隙間」が描きたい。

何言ってんだ……。


多分「こんな事してる場合かー!」てなるのは
仕事がいろいろ舞い込んできてるからだろうなあ。
いや、それはいいことなんだよ。素晴しい事なんだよ。


仕事で思い出したけど、最近仕事で
「みてみて! これ私が作ったんだよ!」
って思えるようなデザインが作れなくて悲しい。
渡された素材と指定が破滅的にダサいからなのだろうか、
ああ、むしろその所為にしてしまいたい、とも思うけど、
その度に、私が前に居たデザイン会社の上司が、

「どんなダサい素材もダサい指定も、
かっこよく見せるのが、あんたたちデザイナーの仕事でしょーが。」

って言ってくれた事を思い出す。
これ、言われて「ハッ!」てなったんだよなー。

もしかしたらこの言葉に腹を立てる
デザイン業界の方もいらっしゃるかもしれませんが、
私はこの上司が好きだったので(恋愛じゃないよ人間的にだよ)、
すっごいズギャアアアアアアンと響いたのでした。

素材(指定)がダサいと、
私はそこに全ての精神力を持ってかれちゃうんだけど、
まず「それを使って自分が最大限できる工夫は何か」を
考える余力がないとダメなんだろうなー。
「だっせ!!!」で萎えてしまう私の心の弱さが憎たらしい…。
ていうかあんまり「ダサいダサい」言うなってね。笑


とにかく、絵でもデザインでも、
自分に誇りを持てるようなものが作りたいな。
どうすればそうなれるのかわかりません。


生きてる限りは悩んでいようと思います。
くだらねー事でも、暇つぶしには充分だ。
何もせずにぼうっと残りの人生を食い潰すのは難しい。
寿命はさっさと来て欲しいが、
寿命が来るまでの時間をどう食い潰すかは考えないとなあ。



ではまたー。









拍手ボタン(PC更新の時だけ)常設中。




↓ボタンが表示されない方はこちらからどうぞ
【web拍手を送る】





| その他 | 22:17 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする